経理・節税・経営分析をサポートするパートナーをお捜しの方へ ::斉藤税理士事務所とは

  • Home»
  • 会計事務所とは

会計事務所とは

これから事業を始めようとしている社長さんや事業主さん、あるいは、すでに事業を始めていらっしゃる皆様にもお聞きします。「税理士事務所って何をするところですか?」
実は意外とわかってない方がいらっしゃるのです。会計という文字が入っていますので、なにか経理的なことを業としているのはわかりますが、具体的に何、と聞かれると結構答えに苦しみませんか?

私たち税理士は、中小零細企業を経営している方や個人で事業を営む方(ここでは中小事業者と呼ばせていただきます)からの依頼を受け、法律で定められている決算や税務申告といった事務を専門家としての立場からお手伝いすることが主な業務です。

例えば法人様の場合、

小売店や賃貸住宅の経営などを行っている方は2月~3月の時期には必ず前年の営業成績をまとめ(決算を行い)、確定申告をしなければなりません。会計のルールや税法に従って作業をするということは、法人となんら変わるところはありません。しかし、これらの作業をいきなり皆様に要求してもそれは無理な話です。だから、私たちがお手伝いさせていただくのです。

例えば個人事業主様の場合、

また、税金や今後の方針を決める話をするのはもちろんですが、それだけでなく、顧問先様からのお話もいただき、常に当方も顧問先様を理解し、その行っている事業についても日々勉強していきたいと思 ております。
業務にかかわらない話でも一向に構いません。そのため、しばしば雑談になってしまうこともあろうかと思いますが、それは全く無意味ではないと思っております。

また、相続(相続税)という、経営というものとは別の独特のジャンルもあります。財産の分割から相続税の申告まで、大変難しい作業が続きます。こんなときも私たち税理士の出番ですね。

この他にも様々な仕事があります。その多くが税法という法律に従って行う作業になるわけですが、何回も申し上げますが、これをいきなり皆様に要求してもそれは無理な話なのです。ですから、税法を勉強し、税務手続きを専門とする私たちがいるわけです。

但し、中小事業者を取り巻く法律は税法だけではなく、他にたくさんの法律があります。その法律によってそれぞれの専門家(例えば争い事なら弁護士、登記なら司法書士といった具合)がいるわけですが、時と場合によって専門家を使い分けるのは至難の業です。そんなとき、取りあえずの相談窓口といったらやはり私たち税理士ということが多いように思います。

税理士事務所って何? と聞かれれば、
私は「中小事業者の一番身近な相談窓口」が答えではないかと思っています。

Page Top